のぼりは自分で洗濯するより、買い替えた方が手っ取り早い?

のぼりは単純な形をしていますが、自分で洗濯しても思いどおりの仕上りにならないのも事実。買い替えた方が手っ取り早いのは確かです。

のぼりは自分で洗濯するより、買い替えた方が手っ取り早い?

のぼりは自分で洗濯しても思いどおりの仕上りにならないというのが、経験者の本音にあります。

買い替えた方が手っ取り早いのも確かです。

■経済性重視の生地の選定・インクの選定。

のぼりの場合、春夏秋冬の季節ごとに1度、作り替えることを前提に作られています。

たとえば横断幕や懸垂幕のように、何年も使いつづけるという前提ではないため、従来から洗濯するという、それにふさわしい生地の選定はなされてきませんでした。

できるだけ安くて、店主・オーナー、イベント主催者の経済的な負担が少ないようにと考えられたのがいま主流になっている生地、テトロンポンジです。

■生地やインクも耐用期間は3カ月が前提!?

3ヶ月経ったら作り替える、極端な言い方をすると、のぼりの生地やインクも3ヶ月が寿命というわけです。

そのようなものを洗濯して、もとの美しさや品質が保たれるのかといえば疑問です。

おそらく「のぼりは自分で洗濯するより、買い替えた方が手っ取り早い」という意見もその辺から出てきた感想ではないでしょうか。

■自分で洗濯し乾燥しても、元通りにならないのは確かです。

アイロンがけやのり付けなどの作業も必要になります。

のぼりは単純な長方形をしていて、洗濯は簡単な作業のように思えます。

しかし実際にやってみると、洗濯から乾燥、のり付けなどの作業があり大変です。

汚れが落ちず色褪せだけが顕著になることもあります。

その手間やロスを考えれば、買い換えを前提にするのも自然の流れです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
のぼりは洗濯するより買い替えた方が手っ取り早い?ソコを教えて! Copyright (C) www.bush-mccainchallenge.com. All Rights Reserved.